スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
えび飼育論 バクテリアの考え方
プロジェクトび〜はビーシュリンプをこよなく愛し皆様に広く配布して、
飼育と繁殖を研究する企てですぅ〜と、まっくさんも言っているので、
今年はプロび〜の目的のひとつでもある飼育論について、
真面目にシリーズで書こうかと考えています。
去年は面倒で書けなかったし、書けと言う人もいるので(笑)
そう言うことで、勝手な思いこみと勘と理論で作り上げた、
いい加減な飼育論シリーズですが、今回はバクテリアについて書いてみます。

水槽内でバクテリアの繁殖する場所は、ろ過器と、ソイルとなります。
水中には浮遊のバクテリアもいますが、
バクテリアの繁殖の中心は、ろ過器と、ソイルの中になります。
ろ過器の中は常に酸素量の豊富な水が循環していますが、
ソイルの中はそうはいきません。
ソイルが厚くなれば嫌気性のバクテリアが繁殖しやすくなります。
また、止水域等ができれば、不要なバクテリアが繁殖します。
従って、有益なバクテリア(硝化バクテリア等)を繁殖させ、
不要なバクテリアを繁殖させない事がエビ飼育のポイントなります。

では具体的にはどうするかというと、
一番簡単なのがソイルの薄敷きとなります。
薄く敷けば嫌気領域はできないので、好気性のバクテリアが繁殖し、
不要なバクテリアは繁殖しにくくなります。

でもこれだけではうまくいきません。
なぜなら、スポンジフィルターや、外部ろ過器で考えればわかるように、
バクテリアがコロニーを作りうまく繁殖するのは、
水流によって酸素と餌を供給する必要があるからです。
つまり、ソイルの表面を水流が流れるような環境でなければ、
好気性のバクテリアが繁殖できないのです。
そして、好気性のバクテリアがうまく繁殖できなければ、
不要なバクテリアが繁殖し、まずい事が起こります。
例えば、水槽内はバクテリア達が陣取りゲームを行っているので、
ある種類が増えれば、ある種類が減少します。
つまり、水槽内の止水域やソイルの汚れ等で、
不要なバクテリアが増えれば、有益な好気性バクテリアの減少します。
えび水槽の崩壊はこのバクテリアの増減で起こると考えています。

そう考えると、底面ろ過にすれば、問題ないように感じますが、
底面ろ過には致命的な欠点があります。
それは、ソイルの粒が崩れた泥がバクテリアのコロニーを死滅させる事です。
底面ろ過の場合、セラミックろ材や、溶岩粒を底に入れて、
バクテリアの繁殖するスペースを作っていますが、
そのスペースにソイルの粒が崩れた泥が入り込むので、
どうしても、ある期間でリセットする必要が出てしまうのです。
まあ、リセット前提として使うならまったく問題はありませんが、
長期維持を考えている場合は、対策が必要となります。

では、水草水槽はどうなのかと言うと、これは少し話が変わってきます。
根から栄養分を吸収する水草は、ソイルの中に根をはります。
実はこの根がバクテリアと密接な関係にあります。
植物の根に見える部分は、実際にはその半分がバクテリアであり、
バクテリアの力なしには植物は栄養を吸収できないのです。
つまり、水草水槽はバクテリアが安定して繁殖している水槽なのです。
この良い例が、水草の元気な水槽はえひがうまく育つという事です。
水草とえびは一見無関係なので、理由がつかないのですが、
バクテリアが植物と共生して安定して繁殖しているので、
えひがうまく育っているのだとすれば、納得がいきます。
また、リセット直後に水草は植えるなということをベテランの方がいいますが、
これも、リセット直後はバクテリアが繁殖していないので、
水草を植えても栄養分が吸収できず、うまく育たないからです。
そのため、水草はリセットしてから1ヶ月後ぐらいに植えるとか、
古いソイル(バクテリアの繁殖した)を半分使うと良い等、
バクテリアの事を良く理解した方法が実践されています。
このように、水草水槽はうまくやれば、
安定した長期維持の可能な水槽となりますが、
ソイルが厚いため、一歩間違えは嫌気性バクテリアが繁殖してしまうので、
ある意味、飼育者の腕次第というのが、実情だと思います。
えびと水草の共存はそれなりの技術が必要ですから。

話の収拾がつかなくなってきましたので、この辺で終わりますが、
このように好気性のバクテリアをどう繁殖させ、安定させるかが、
えび飼育の重要なポイントなります。
次回は換水について書こうかと思っています。
今年は、週一ブログとして頑張っていくつもりですが、
根性なしなので、面倒になって、今回で終わるかもしれません(爆)
| よし | 09:37 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:37 | - | - |
Comment
おは♪
遅れまして。。
今年も宜しくお願い致します!

よしさんの理論偏がシリーズで楽しめるなんて^^
大変ためになります!
今後も勉強させていただきま〜す!
Posted by: e-chan |at: 2009/01/04 9:49 AM
ども♪

おぉー、「えび飼育論」ですかぁ。
これは嬉しいシリーズになってくれますね。(^o^)
週1のシリーズ期待してます!!

家の崩壊した時の記憶を・・・
◆臭い◆
イマイチの熱帯魚屋のような蒸れたような臭い、
ドブ臭いような臭いがして崩壊する。
◆ソイル固い◆
臭いはしなかったけど、ソイルが今まで以上に
固くなってしまってた。

調子崩した時は、上記のような2パターンになってました。
Posted by: まるひろ |at: 2009/01/04 11:28 AM
いいシリーズですネ。
真剣に読んじゃいました(ワラ

今年も宜しくお願いしますw
Posted by: しゅりんぷ亭 |at: 2009/01/04 8:19 PM
新年明けまして、おめでとう御座います。
今年も宜しくお願い致します。

有難いテーマでまたまた、参考になります♪
Posted by: ミーコ |at: 2009/01/04 9:17 PM
理にかなってると思います。
さすがですね
感心します。

今年も宜しくね!!
Posted by: 鶴瓶 |at: 2009/01/04 10:55 PM
明けましておめでとうございます。以前,よしさん宅でレクチャーいただいた内容,アップされちゃいましたね。シゲルも別の理由でソイル薄敷きに移行しつつあります。そちらのネタは,いずれアップしますね。まー,小ネタなんですけど。
Posted by: シゲル |at: 2009/01/04 11:56 PM
明けましておめでとうございます。
おぉ〜、年明けから楽しそうなテーマですね。
ドキドキ。
昨年よしさんからの里子Beeたちは順調に育っています。
稚エビ少々、現在も抱卵中ありです。
今年もよろしくおねがいします。
Posted by: 黒兎馬 |at: 2009/01/05 12:08 AM
>e-chanさん
結構いい加減なシリーズですが、
しばらくは続けるつもりです。
今年もよろしくお願いします。

>まるひろさん
ソイルの固いの水圧のせいですけど、
臭いはやばいですよ。

>しゅりんぷ亭さん
相さんが真剣に読むほどの事は書いていないですよ(笑)
今年もよろしくお願いします。

>ミーコさん
今年もよろしくお願いします。
たいした事書いてないですけど、
参考になれば幸いです。

>鶴瓶さん
最近はこれでやっとです。
次回は内容が矛盾するかも(笑)
今年もよろしくお願いします。

>シゲルさん
このネタはどうでもよくなったので、
公開してしまいました。
今更隠す内容もなくなったので(笑)
今年もよろしくお願いします。

>黒兎馬さん
稚エビがうまく育つよう頑張って下さい。
うちの飼育技術だったら教えますから(笑)
今年もよろしくお願いします。
Posted by: よし |at: 2009/01/05 9:06 PM
遅くなってしまいましたが・・・
あけましておめでとうございます!!
昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
色々バタバタしておりまして、
なかなかおじゃまできず・・
取り急ぎ新年の挨拶まで!
Posted by: nagi dad |at: 2009/01/08 9:50 PM
>nagi dadさん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
落ち着いたら遊びに来て下さい。
Posted by: よし |at: 2009/01/10 8:39 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Profile

Search

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Recommend

Mobile

qrcode