スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
飼育論シリーズ第4回
いい加減な飼育論シリーズ第4回ですが、今回は水流について書いてみます。

えびは水流を嫌うので、水流は良くないと言う人もいますが、
うちでは、ソイルの表面に水流をあてるようにしています。
ソイルの表面に水流をあてて、流れを作る事で、
ソイル表面にゴミをためないとか、止水域の解決とか、
バクテリアの為に酸素豊富な水を循環させるとか、
いろいろな効果があります。

ソイルの表面に水流をあてると上記のような効果がありますが、
何も考えずに、水流を作れば良いわけではなく、
レイアウトを考えて水流を作らなければなりません。
せっかくの水流も、邪魔に流木でさえぎられたり、
大量の水草によってさえぎられたら意味がないので、
水槽内のソイル全面が見渡せるようなレイアウトが理想的です。

まあ、えび飼育をしている人の目的はさまざまなので、
水草を楽しみたいという人は、無視して頂いて結構です。
今回の話はえびを増やすための環境の話ですので。

まずは、水流の発生源ですが、
細かなエアーと水流の両方を供給でき、水流の位置や角度も調整でき、
狙った水流を簡単に作れるディフューザーが最適です。
それなら、エアーストーンでも良いと思われるかもしれませんが、
横向きの流れを作らなければ、ソイルの表面を流れる水流は作れませんので、
上向きの流れを作るエアーストンは好ましくありません。
横向きの流れを作るという意味では、水中フィルターも使えます。
うちでは、サブの水流発生源として使っています。

水流の向きですが、基本は水槽のガラス面にあてて、
跳ね返った水流がソイル面を流れる感じにしています。
直接あてたらソイルが舞い上がって大変な事になります。
うちのようなソイルの薄敷き水槽では、
ソイルが流されてガラス面が出る事があるので、
ガラス面にあてた水流を、流木を置いて弱め、
適切な水流になるように調整しています。

こんな感じで水流を調整すれば、
うまくいくと思いますので、挑戦してみて下さい。

最後に、本音を書くと水流はなくてもえびは育ちます。
ただし、餌を与えて、繁殖させるとなると水流は必要となります。
水流はえびを増やすためにいくつかある要素のひとつですから(笑)
(この意味がわかる人はこのシリーズは読む必要ありませんから)
| よし | 14:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:22 | - | - |
Comment
こんばんは。水流が適度にあって爆殖する水槽とそうでない水槽。水流が殆どないのに爆殖する水槽とそうでない水槽。その2つのNGの理由が見えたとき,セッティングの極意ってやつですね。沢山のエビ水槽がありますが,未だに打率100%と行かないところがオバカさんです。
Posted by: シゲル |at: 2009/01/25 9:41 PM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Profile

Search

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Recommend

Mobile

qrcode